2024年3月1日金曜日

兜山・富士見カンテの左

富士見カンテの左の様子をみてから前に山森さん&草野さんといったエリアで登れなかったボルダーを登ってやろうということで、兜山に向かった。

毎度のことながら道に迷いながら富士見カンテに着いたら、富士見カンテの裏カンテの他に、その左のスラブクラックが気になった。上部に回ってフィックスを張って様子を見ると、結構面白そう。ということで掃除してみた。難易度はたぶん富士見カンテと同じくらい。富士見カンテよりも実質的なクライミング部分が長いのが良い。プロテクションは一箇所怪しいけど、あとは多分大丈夫。


写真がメモ代わり。右から順番。ただし、青とオレンジのナッツは逆。右の青ナッツのところはカムも効くけど、あとでフットジャムの邪魔になりそうなので、ナッツが良いんじゃないかと思った。

あらかた掃除できたので、近々やりたい。

それから、裏カンテ。離陸して一手出すことに成功した。1級くらいのボルダームーブで下部は突破できるんじゃないかと思う。その後にプロテクションをセットできるかどうかがわからない。あと、ボルダームーブで落ちたら崖の下まで行きそう。

雨予報が不安定で早々に切り上げ。ボルダーまではたどり着かなかった。また今度。

センチュリーバレー探索:鏡餅スラブ・裏のスクイズチムニー・ジョーズライト

 センチュリーバレーへ。

まずは、道路から見上げて誰しもが気になっている岩へ。メゴスの真上の鏡餅状のスラブ。岩の上に歩いて回ってフィックスを張ってラペルで降りてみると、なんとボルトが残されていてたまげた。おそらく40年ほど前の古びたRCCボルト。このエリアがその時期に登られていたという情報には触れたことがなかった。

岩は硬く締まっていた。フリクションスラブとマントリングを繰り返すクライミングになりそう。薄いダイクを頼りにするクライミングが悩ましいに違いない。最終局面で傾斜が落ちた頃に出てくる顕著なダイクがここまでたどり着いたクライマーを迎えてくれる。全長は25mくらいだろうか。ボルトが生きているかは怪しいけど、現代の技術に頼ればバックアップを用意することは可能。近々登りに行きたい。


なお、取り付きがわかりにくくて、下から近づいても木とゴチャゴチャっとした岩のフォーメーションで、肝心のスラブが見えない。スラブの取り付きまで登ってピッチを切ってビレーするのが良さそう。そこまでの道のりを多少整備したほうがいいかもしれない。

スラブの次は、その裏のワイドクラック。こちらはすごく短いうえに苔で汚れている。しかし、ホールドがないので典型的なスクイズチムニーのムーブになるので、面白いと言えなくもない。もっと下にあれば、センチュリーかアメジストの帰りに10回登って筋トレっていう使い方ができるけど、それにはちょっと離れている。取り付きまでの泥登りも厄介。一度上からアプローチしてフィックスを張ったほうがいいかもしれない。

最後はジョーズ岩まで上がって、ジョーズライトP。ムーブができるかどうかの瀬戸際で、プロテクションがセットできるかどうかの瀬戸際で、ホールドがもげるかどうかの瀬戸際。左手のまるっこいカチホールドが取れたら登れなくなりそう。プロテクションが怪しいので十分リハーサルしたいけど、やりすぎるとホールドが取れる、っていうジレンマ。手前に引くとあっという間に取れると思うので、なるべく下向きに優しく引きたい。最下部のオープンブックを抜けられるかは不明。

これで、アメジストと並行してやるルートが5本になった。少しずつ進めていきたい。



2024年2月13日火曜日

アメジストライト3日目

たぶん3日目だったような気がする。

2回。下は痛いジャムに耐えるかフェースムーブで行くかの選択って感じか。ブロック下からリップまでつながるかが問題。

意外とかぶってるので、かぶり耐性のない体には堪える。背中の疲労がすごい。

周辺を散策して終了。




2024年2月5日月曜日

Electrical Storm 完登@昇仙峡・センチュリーバレー

奥平さんと昇仙峡。(たぶん)未登のワイドクラックを登った。

場所は、センチュリーバレー。センチュリー・フォー・カラーズのアプローチから分かれてアメジストを目指して沢を渡り、アメジスト直下で(今は)明瞭な踏み跡を右に分かれる。踏み跡はすぐに落ち葉で埋もれてしまうと思うけど、小さなボルダーが目印。しばらくトラバースして、アメジストの右のルンゼのさらに右の落ち葉ルンゼを上がる。クラックは、両ルンゼの間の巨大なスラブの右側面のハング帯にある。ルンゼの上部は落ち葉ルンゼから倒木ルンゼに変わる。クラックは右側面ハング帯の裏面にあるので、倒木ルンゼを最終局面まで上り詰めないと見えてこない。


この岩の割れっぷりは素晴らしい。下から上まで見事に割れ目が続いていて、傾斜は下部で135度。上部はちょっと緩め。核心部はホールドに乏しく、ワイドクラック特有の登りを求められる。残念ながらそんなに長くはない。どちらかというとテクニックよりのクラックというべきか。

吉田さんが足跡を残したこの岩場で一つの成果を残すことができたことが、本当に嬉しい。ここにはまだ可能性がある。渓谷を歩き回った吉田さんが目をつけないルートの可能性は残されている。もう少し、その可能性を追求してみたい。

昇仙峡には今、岩を破砕するダイナマイトの大音量が轟いている。かつて「くさび」問題が起こったこの地で、岩がダイナマイトで破壊されている。ダイナマイトが良くて、わずか10mmあまりの穴がだめという理があるだろうか?

ダイナマイトの轟音と、雷光を思わせる岩の割れっぷりとで、渓谷に嵐が来たかのようだ。ということで、Electrical Stormとする。

2024年2月2日金曜日

アメジストライト2日目

奥平さんとアメジストライト。

2日目も1回だけ。前回は特に考えずに通過した下部で躓いた。久しぶりのフィンガージャム。順手のフィンガーで小指に結晶が突き刺さって、痛くて無理だった。

中間部、前回あやふやだったところを確認した。右△ピンチ→左カチ→右ガストン→左足を高く上げて左フィンガー(あれ?シンハンドだっけ?)→右シンハンド→左足を高く上げて左シンハンドみたいなかんじ。やっぱりあやふや。

上部はよくわからない。また今度。

あとは周辺散策。



2024年1月24日水曜日

河又ボルダー・右奥のP

雨の日、若手の一流B面クライマーと、河又ボルダー。前日に10ミリ、当日に44ミリの雨だったが、洞窟内はカラカラに乾いていた。 



右から来るハツタケのムーブ探りでアップ。核心部は困難にも程がある。



で、奥のP。出だしはインバージョンで解決した。そこからちょっとした空間を越えて遠いガバを取るムーブに悩んで、有朋…の後から見つけた右足先行ムーブで右手を出すムーブにたどり着いた。そこから左手を寄せるところでも悩んで、右足そのまま逆さ吊りになった状態で寄せることになった。大幅先進。

しかしその後が解明されなかった。また行かないと。

若手のB面クライマーは、有朋…aka順子ルーフで悩んでいた。大いに悩んでもらいたい。

ところで、このエリアは暗い洞窟の中というイメージで、それは正しいんだけど、晴れた日の午後は太陽の光が洞窟の中まで差してくる。さらに洞窟の中に入った光が床を流れる水流で反射して、さらに奥に届く。順子ルーフの壺チムニーあたりまでキラキラと照らされてとてもいい感じ。

2024年1月16日火曜日

ナメクジ周辺へ

奥平さんと、ナメクジ周辺。

ゲート下のワイドボルダーをさらっと登って、これは基本技術を学ぶのに素晴らしい課題だと再確認した。左の膨らみの足を限定したらなお勉強になりそう。

下のフィストも奥平さんはさらっとオンサイト。右のクラックから入っていた。これもアリ。僕はフォローで、左から入ったら、ホールドになるはずの棚の割れ目が砂利で埋まってて、這々の体で登った。これまた、コーナーのフィストクラックの練習に良い。

上のワイドと呼んでいた《怪気炎》を奥平さんはサラッとオンサイト。

それから、ナメクジスラブ。こちらは完登ならず。難しいですよね。僕も、右足を挙げるところまで。

最後は、下のフィストの左のカンテにロープを張って掃除してやってみた。ムーブはなかなか厳しく、ボルダーだと初段くらい?プロテクションはセットできないので、ムーブを固めてフリーソロか、あるいはハイボルダーと理解するか。何もないカンテのパーミングがめちゃくちゃ面白いので、またやろうと思う。