2018年6月12日火曜日

3度目のStanege Plantation

午後から雨が降りそうということで、朝だけボルダリング。

西向きのStanage Plantationを選んだけど、結構暑かった。


まずは、名作の誉れ高いNot to be Taken Away V5。出だしがあんな厳しいなんて聞いてない。そして、上の方は滑る。出だし以外にチョークが付いてないところを見ると、完全にシーズンを外しているようだ。でも僕は酷暑の東京から来たクライマー。近々登るよ。

次に、Crescent Arete V2。高い。落ちた時に膝にかかる衝撃がすごい。そして、微妙に斜めでゴツゴツした下地ゆえに、膝への衝撃を緩和する着地方法も取りにくい。マットも一枚のみ。ここで勇気を出して右手を出せば終わる(に違いない、と思いたい)地点で敗退を繰り返した。また今度。

帰りに、前回敗退したNortheast Face V5を登って、終了。

2年ぶり2度目のStanage Plantation

サイモンさんに誘われて、ふた家族合同のファミリーボルダリング。

ピークディストリクトでクライミングといえばスタニッジ。スタニッジでボルダリングといえば、Stanage Plantation。超有名課題であるDeliveranceのあるThe Pebbleを擁するこのエリアは大人気。終始賑やかだった。

ピクニックが主眼で、赤ちゃんもいたし、ボルダリングはほどほど。

The Green Traverse V6は遠い一手が止まらず敗退。頑張れば行けそうな気がする。

Thin Slab V4は手に足の足上げができず敗退。筋肉を伸ばしてから挑めば行けそうな気がする。

North West Face V5も遠い一手が止まらず敗退。これも頑張れは行けそうな気がして、後日登った。


帰りは、Hope Valley Ice Creamでアイスを食べて終了。ここはめちゃうまい。車を動かした途端に大雨という、ベストなタイミングだった。

はじめてのBaldstones

Little Moreton Hallで観光の帰り、Baldstonesに立ち寄った。RoachesやRamshawの近く。Staffordshire Gritと呼ばれる大きな地域の中の小さなエリア。

Staffordshire Gritといえば、日本にいた時に何度も見たこの動画。イギリスでのクライミングの魅力が満載されている。

Against the Grain: A Film about Staffordshire Gritstone from David H on Vimeo.

ちょっと遠いけど、Elephant's Ear Buttressまで歩いて、ボルダリング。

Elephant's Ear V0+ 5aは、象の耳みたいなフレークを登る弱点を突くライン。やさしいけれども高さがあって素晴らしい。トポ通りの三ツ星。ちなみに5aはUKテクニカルグレード。


Fielders Indirect V1 5bも、難しくはないけれど、下地が岩で安全なランディングの保証はなし。トポには、羽が生えたハートのマーク(昇天)がついている。とてもいい。

その右のFielders Cornerもやったけど、ラインどりがIndirectの方により過ぎたかもしれない。


Clever Skin V7もやって見たけど、苦手のカンテは離陸から苦しい。


読書する娘にマットを取られて終了。

Elephant's Eyeを登り損ねたのが痛恨。次に行く機会があるのかどうかわからない岩場では、気合を入れて登っておくべき。


はじめてのBrimham Rocks

ちょっと足を伸ばしてFountains Abbeyで観光したついでに、近くのもう一つのナショナル・トラストであるBrimham Rocksに立ち寄った。ピークディストリクトを離れて、この辺りはYorkshireという括りのようだ。


これはPommel。僕の持っているBoulder Britainというトポでは、6C+というグレードになっている。フォンテーヌブロー・グレード。アルファベットが小文字だと、ブリティッシュ・テクニカル・グレード。換算表によると、1級から2級くらいっぽい。小粒ながら超面白かった。


これは、Corner 6B+。コーナーにはまり込むムーブが超面白い。


これはJoker's Wall。ここから左に行くLeftと右に行くRightがある。いずれも、ルートの下部のみをボルダーとして登る課題。ルート自体は大変歴史的価値のあるものだと、このおじちゃんが教えてください。

ルートの名前もJoker's Wall、グレードはE4 6a。初登は1971年、初登者はJohn Syrett。1970年代にとても活躍したけれど、パーティーの最中に割れたビール瓶で腱をを切ってうまく登れなくなって、自殺したそうだ。

https://www.ukclimbing.com/articles/features/anthracite_eyes_-_a_tribute_to_john_syrett-8199

https://www.ukclimbing.com/forums/rocktalk/john_syrett_-_who_is_he-102218

70年代初めに今のようなスティッキーラバーのシューズもマットもなしにこれを登るのはものすごい。体験した下部のムーブは、ダイナミックなジムの課題みたい。ぜひ上まで登りたい。

2018年5月22日火曜日

UKトラッドはじめ@Curbar

ポールさんに誘ってもらって、クライミングに行ってきた。

どこでもいいぞと言われて、先日の子連れボルダリングの際に見たクラックを登りたいと思い、Curbarを希望した。

これ、The Peapod HVS 5b。



ポールさんから借りたトポには、"A Curbar special, and one of the Peak's essential HVSs."とある。初登は1951年。日本にはフリークライミングという言葉さえなかった時代だ。

見た通りに中間部が広がっていて、ずりずりと上がっていく。Podから抜け出すところが見た通りに核心ムーブ。いつも通りの下手くそなプロテクションセットで、ドタバタと危ういオンサイト。

トポ通りの☆☆☆。

両隣にはそれぞれE1とE2のクラックがある。特に右はオフウィズス。また行かないと。

この日は午後4時半集合だったので、あまり時間はないし、一本登ってほぼほぼお腹いっぱいだったんだけど、せっかくだからもう一本。同じグレードでAvalanche Wallを勧めてもらったものの、登ってる人がいたのでかわりにL'Horla E1 5b。

コーナーでステミング小ルーフを左に抜けるのに、どう考えても片手ぶんしかホールドがなく、しょうがないから片手でステミング解除&外に吹き飛ばされる。なぜか落ちてなかったので、ハングをビシバシ超えて、フラッシュ。プロテクションはほぼほぼナッツ(小さめ)で、それを足元にしてハングを超えていくのは、爽快そのもの。

トポ通りの☆☆☆。

トラッドクライミングの場合、リードした後はセットしたギアを回収しないといけない。日本だと終了点にクリップして、ロワーダウン中に回収することが多い。終了点も、ボルトなり木にスリングなりで設置されていることが多い。

UK式トラッドクライミングでは、ビレーヤーがフォローで登って回収するようだ。これがとても気持ちのいいもので、マルチピッチの終了点でフォローを迎えるような感じ。ビレーの最中は目の前にどこまでも広がる丘陵地帯に目を奪われる。この時期は、モロッコから来たという首元に白い帯を持つブラックバードの一種が風に乗ってひらひらと舞っている。フォローを迎えれば、自然と一体感が出てくる。

それから、岩の上部でビレーをするためには岩の上部にアンカーが必要だが、ピークディストリクトのグリットストーンにはボルトはなく、上部に木が生えていることも稀。必然的にリードが登った後に上部の岩を使って構築することになる。支点は全てナチュラルで、岩を見る目を問われる。また、ビレーはリップに座ってやるので、支点を伸ばさないといけない。これがなかなか難しい。実際、L'Horlaを登った時に、僕はリップからさらに5mくらい歩いてあがった先の岩にスリングを巻いて支点を作って、そこから歩いてリップに戻って、その段階でリップの少し上にクラックを発見してナッツを突っ込んでバックアップにした。

ところが、ポールさんが上がって来て、「これ何が正解?」と聞いたら、ナッツを突っ込んだクラックのすぐ脇に、スリングを一巻きすれば完璧な視点になる岩があって、それを見落とした見る目のなさに二人で爆笑した。

まだまだこれから。

2018年5月21日月曜日

はじめてBlack Rocks


Hardwickのついでに、Black Rocks. UKCのトップページは世界のToru.

Gaiaを眺める娘。


Katy Whittakerさんで有名なThe Angel's Shareはマントル敗退。厳しい。


子連れボルダリングは、危険度が上がるとグレードが上がる。怪我をしないように、簡単なのだけ。


寄り道Widdop



East Riddlesden Hallの帰り道に、Widdop.

クライミングシューズがなくて、アプローチシューズで簡単なのだけ。