2018年10月8日月曜日

Stanage Plantation(7回目)

天気が良さそうだったので、Stanage Plantationにボルダリングに行ってきた。やりたいのは、Deliverance。

下の方の簡単なのでアップしようとしたけど、岩が冷たくて温まらない。しょうがないから、前にやってできなかったSpur Travers f6C+へ。これはガバガバのルーフトラバースの後にマントルの核心ムーブがガツンとやってくるっていう構成で、アップを兼ねてやるのに最適。前回ムーブは作っていて、軽く確認した後につなげてみた。10手と少しのルーフのムーブで両腕がパンパンに張って、マントルができない。休み休み何度か本気トライを繰り出したけど、だめ。虫様筋弱いクライマーはガバでパンプするって吉田さんが言ってたけど、本当だ。

諦めて、すぐ近くのSatin f7Aへ。二、三度やってしっくりこなくて、隣のボルダラーがやってたのを一緒にやることにした。Pull Over f5と、Wooly Pully f6A+。どっちも出だしのムーブが面白くて、そのあとの長いスラブの緊張感もなかなかだった。ちなみに、どちらの課題もガイドブックによってはトラッドルートの形容詞グレードがつけられているようだ。それくらいの高さ。ただ、核心ムーブは下部にあって、上では落ちないから、今はボルダリング課題って扱いが主流なんじゃないかと思う。UKでのボルダリングとフリーソロのトラッドルートの区別はイマイチわからないんだけど、単純に高さだけってわけでもなさそう。

二つに成功したところで、も少しなんかやろうかということになって、隣のボルダラーと一緒にThe Stromに行った。ナーレさんも落ちてたたあれ。


Nalle Hukkataival on the Grit from Ed Ratcliffe [Slender Films] on Vimeo.

ナーレさんが落ちるだけあって、ホールドが超悪い。左足が上がらなかった。でも面白いからまた今度。

ここでお隣のボルダラーとは別れて、本題のDeliverance(4日目)。トラバースはもう問題なく、発射の体勢も何となくわかってきた。あとは、左のpebbleを使うかどうかが悩みどころ。そして、こういうムーブに悩むシチュエーションに僕はとても弱い。さあどうしよう。

2018年10月5日金曜日

Gazelle@Woolley Edge Quarry

娘の通院でブラッドフォードまで行った帰り、いつも立ち寄っている高速のサービスエリアの脇の岩場に行ってきた。

Woolley Edge Quarry

https://www.ukclimbing.com/logbook/crag.php?id=8492

トポは持ってないんだけど、UKCに情報があったのと、動画があがってる。やったのは、UKで重点的に取り組みたいと思っているカンテの課題。

Gazelle f7A+




結構苦労したけど、よーく観察したら登れた。多分グレードは甘い。ちなみにこれは失敗ムーブ。

この足元で、肉食動物の骨を発見した。



調べてみたら、犬っぽい。多分二度と行かないであろうこの岩場。嬉しい偶然の発見だった。


2018年10月2日火曜日

Burbage Northにもう一度

この前一緒に登ったフレデリコに誘ってもらってもう一度Burbage Northに行ってきた。午前中のみで時間が限られるということで、まずはStrikerあたりでアップして、それからIn the flick of timeに行って、最後は近くのルーフでもという入念な計画を立ててくれた。ありがたや。

で、Strikerあたり。ここは、前にニックと来たAsh Treeのすぐ隣。アップでSunlight Cellar VS 5b、Oak Tree HS 4bを登った。この辺りは微妙な高さで、元々はルートなんだけど、ボルダーとしても登られてるくらいの感じ。それから、Striker Left-hand f7A+を二人でやったんだけど、これは結構厳しかった。気づいたこととして、極小ポケットにつま先を突っ込むんだけど、サイズが大きくてへたったアナサジピンクでは全然ダメってこと。小さめのスクワマにかえたらすぐ離陸できた。ただ、初手が出ない。あと、風が強くて、朝は陽が当たらなくて、寒い。てことで、隣のIvy Tree HVS 5bを登って移動。これもボルダーなのかソロなのかわからない高さ。

移動した先は、In the flick of time。これはシットスタートでf8Aで、それは僕には無理なので、スタンディングのf7Bをやった。ヌメッとしたホールドを両手で保持して手と同じ高さにヒールをかけてからのリーチーなムーブ。日本では届くはずのホールドに届かないってことは全くなかったけど、UKでは結構ある。フレデリコが使うホールドとは別のを使ってムーブを試みたけど、ヒールフックがヘボすぎて敗退。また今度。

で、お隣のRemergenceのエリアに移動した。まずはRemergence Start f6B。ガイドブックに"Essential for any aspiring gritstone climber."って書かれる看板課題。核心ムーブはマントルで、なかなか厳しい。足が短すぎて、体をズリズリあげる体勢に持っていけない。敗退。で、一番左のThe Hanging Rib f6B。最後が遠くて、足が悪くて、キャンパっぽい感じになっちゃって超苦労してたんだけど、フレデリコが「そこのリップのとこ持ったらいいじゃない」っていうんでやってみたら、できた。丸っこりリップで、一人だったら絶対試さないムーブなんだけど、グリットストーンのフリクションがあれば保持できるらしい。勉強になった。

ということで、終了。

2018年9月28日金曜日

Burbage North & Bridge & Westボルダリング。

友達に誘ってもらって、ボルダリングに行ってきた。この前紹介してもらった別の友達も一緒。Mark's Roofを登った翌朝に起きたら肩を痛めていて、真面目に登るのは3週間ぶりくらい。

最初はBurbage NorthのAll Quietあたりで、簡単なのを端から順番に登った。肩の調子が悪いので、入念に体を温めようということでやったんだけど、久々にこういうボルダリングをやって、結構好きだってことを思い出した。ボルダリングの課題としてはガイドブックには載っていないクラックのルートのBracken Crack HVDがとても良かった。

それから、Fallen Slab Lip 7A。どっかから落ちてきたような小さな岩のカンテの課題。このグレードが僅かなアテンプトで登れたのは上出来。

友達は時間もそろそろということで、Burbage Bridgeに移動して、Mermaid 7A。UKでは敬遠してるシットスタートだけど、ガイドブックでは三つ星。確かにムーブは面白い。登れなかった。

で、一人帰って二人になったところで、Burbage Westに移動した。前にもきたNose 7Aは、やろうとしたムーブはリーチ的に届かないことがわかって、別ムーブを探さないといけない。True Git 7Bは意味不明。朝は超寒かったのに、Westに移動してからは日も出てきて風も通らず、めっちゃ暑い上にミッジーズがひどい。てことで早々に終了。帰り際にGo West 6Aっていうグルーブを登った。グリットストーンらしいペッブルを引っ張れっていう面白い課題だった。

また行くよ。

2018年9月13日木曜日

8月中旬から9月中旬のボルダリング

8月中旬 Stanage Plantation


Satinをやりに行って、敗退。下のエリアでいくつか登って帰った。

8月中旬 Gardoms Edge


UKではできるだけたくさんのエリアに行こうと思っている。今回は、Baslowのさらに南のGardoms Edge。Soft on the G 7Bというナイスなカンテの課題があるというので行ってきた。これが全くできなかった。他のカンテの課題も全然できなかった。

できたのは、Marks Roof Left-Hand 6C+First Roof Middle 6C、 First Roof Left 6B+。全くもって僕のテイストではないルーフばっかりだった。どれもルーフのムーブとちょっともたつくマントルが面白い。


これを書いてて気づいたけど、前にGardom's Edgeの南の端にも行ってて、G-Thang 6B+を登って、Business as Usual 6B+に敗退してた。

8月下旬  The C


サイモン一家とボルダリング・ピクニック。Matlock近くのThe C。石灰岩のボルダー・エリア。

https://www.ukclimbing.com/logbook/crag.php?id=23585#overview

https://esotericboulderingcompanion.weebly.com/the-c.html

Tales of Lanky Power Stand 7Aを登って、Plight of the Titch Stand 7Aに敗退した。子連れのボルダリングにはなかなか面白いところだった。



8月下旬  Gardoms Edge


Marks Roof 7Bをやりに行った。雨が降ったり日が照ったりを繰り返す天気。マントルのムーブが難しくて苦労してたら、雨がやんで日が陰って風が出てきて急にコンディションが良くなって、マントルのムーブができた。急いでスタートから繋げたらマントル直前でまた雨が降ってきてリップが濡れてアウト。

8月下旬 Stanage Plantation


ニックと一緒にトラッド・クライミングのついでにボルダリングも一瞬やった。Deliverance。発射までのムーブは大体わかったような気がする。発射の体勢に入るまでのスラブを鼻歌交じりにこなせるようになることが完登までの近道ではなかろうか。

8月下旬 Stanage Plantation


Satinをやろうとして敗退した。強風。仕方なく登ろうとしたSpur Traverse 6C+も敗退した。また今度。

9月上旬 Gardoms Edge


天気が良かったので、午後からサンドイッチを抱えて家族でピクニック。CurbarでGorilla Warfareをやってみようかと思ったけど、駐車場がいっぱいでGardomsに流れてきた。

Afro 6B


林の中で軽く食事を済ませた後、Main EdgeのエリアでAfro 6Bをやった。3回くらいで登れたが、ビビって降りなければ2回くらいで登れたはず。こういうところが僕の弱さ。

次にBloc Steno 6Cをやろうとしたんだけど、左のフェースを登ってしまった。ガイドブックのラインはもっと右っぽいんだけど、そっちは下地が斜面でスポッターがいないと僕には無理そうなので、パス。その後、Pogle's WoodとPogle's Wood Left-Handをやろうと思ったけど、レフトはリップがジャリジャリでやめた。右は離陸不可能で諦めた。で、後で調べたらフレンチスタートらしい。

Perfect Day Direct Start 7Bは見ただけ。なかなか見栄えのする岩だった。フレンチスタートで7A+らしいので、そっちでやろうと思う。

林の中に戻っておやつを食べた後、Soft on the "G" 7Bに行ってみたけど、やはり離陸不能だった。隣のRock Hard Bishopも離陸不能だった。

Little Arete 6A


さらに林の中で子供達と遊んだ後、虫がで始めたので移動して一度だけMark's Roofのマントルをやって見たけど、やっぱり日中はダメだった。で、Littele Arete 6Aを必死こいて登った。カンテの抱え込み系はこのグレードでも厳しい。何かが足りてないと思われる。

9月上旬 Gardoms Edge


日没の時刻を狙ってGardoms Edgeに向かった。

Mark's Roof 7B


狙いはMark's Roof。シェフィールドは曇り空で、これなら登れるはずと気合を入れて行ったら、現地はど快晴だった。滑ってダメ。で、日没をまった。聞いてはいたが、日が沈んだ瞬間に悪名高いミッジーズが一気に飛び始めて、身体中に噛み付いてくる。それを振り払いながらのクライミングだった。わずかずつ高度を上げるけれども完登には至らないクライミングを続けて、もうこれで最後というトライで登ることができた。7Bというグレードが初めてなのはもちろんのこと、ソロバンに換算すると初段らしく、このグレードの課題を登るのは実に4年ぶりのこと(グレード不明のルーフの隙間課題は除く)。

もりもり登りたい。









お初のトラッド@Burbage South

ニックと一緒に夕刻からクライミングに行った。ボルダリングでは行ったことのあるBurbage South。

この日は寒かった。強風が吹き荒れ、飛ばされそうなくらい。太陽は出たり隠れたり。冷え性の指先は血流を失って硬くなって、フリクションはほとんどなし。ガクガク震えて、撤収するときには手先はうまく動かなくなっていた。

これからの時期のクライミングは難しいかもしれない。取り組み方をよく考えないと。

The Drainpipe HS 4b


登ったのは、The Drainpipeの一本のみ。ニックがリードして、僕はフォローした。